【副業】YouTuberとは|収入目安・仕事内容

お金を稼ぐために、副業を始めたい人は多いと思います。

経済的自由な状態に少しでも早く近づくために、副業で稼ぐということは大切です。

副業にはたくさんの種類がありますが、その一つに「YouTuber」があります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅時間の増加によって

YouTubeの利用者はますます増え続けており、

小学生の将来なりたい職業ランキング上位にランクインしたり芸能人が相次いでチャンネル開設したりと、YouTube市場は年々盛り上がっています。

「YouTuber」という言葉自体もメディアで積極的に取り上げられるようになり、

身近に感じる職業になってきました。

YouTuberという仕事に興味がある、自分も配信してみたい、

という人もたくさんいると思います。

そこで今回は、YouTuberとはどんな仕事なのかを解説していきます。

YouTuberに興味はあるけれど、どんな仕事か分からない…と疑問に思っている人は、

この記事を読んでぜひ参考にしてください。

収入目安

収入の仕組みは主に広告収入で、

一般的な月収の目安はチャンネル登録者数×10円くらいです。

この計算で考えると、だいたいチャンネル登録者数1万人で月収10万円に到達できます。

チャンネル登録者数が3万人を超えてくると、

タイアップや自社商品の販売と合わせれば専業で食べていけるくらいのレベルになります。

もう少し詳しく解説します。

収入の仕組み

広告収入以外にもいくつかあります。

・広告収入(アドセンス・アフィリエイト)

・企業案件(タイアップ)

・自社商品の販売

・スーパーチャット(ライブ配信で視聴者が投げ銭できる機能)

・YouTubeチャンネルメンバーシップ

(ファン登録料500円で特典が受けられる…というような仕組み)

です。

広告収入について

広告を掲載するには、以下のようなYouTubeで定めた規約の数値を満たす必要があります。

公開動画の年間総再生時間4000時間以上

チャンネル登録者数1000人以上

です。

登録者数1000人のチャンネルは配信者全体の10%ほどと言われており、

決して簡単ではありません。

ここが収益化において最初の難関です。

また、

広告の報酬額は1再生あたり0.05円〜0.3円(ジャンルや時期によって変動します)です。

単価0.05円なら200万回再生、単価0.3円なら33万回再生で、10万円の収入となります。

再生回数について

公開動画全体のうち90%が1000回未満と言われています。

再生回数1万回以上の動画は全体の2%です。

月収の例

例えば月9万円の収入を得るためには、

 毎日1本ずつ動画を投稿すると、1本あたり約1万回再生されたら

単価0.3円の広告動画×約1万回再生=約3000円

3000円×30日=9万円

ということになります。

もちろん動画は積み上がっていくので、

既存の動画が再生された回数に比例して収入は増えます。

一般的には、チャンネル登録者数×10くらいが月収の目安と言われています。

例えば10万円であれば、チャンネル登録者数1万人で到達できます。

チャンネル登録者数について

収益化のボーダーラインである「登録者数1000人以上」を達成しているチャンネルは、

全体の10%ほどです。

さらに、チャンネル登録者数1万人以上のチャンネルは全体の約3とパーセンテージを見ると狭き門なのですが、

総勢12000人ほどのYouTuberがチャンネル登録者数1万人を超えており

この数字を見ると決して実現不可能ではない世界です。

分かりやすく例えると、

40人のYouTuberの中で上位4人に入ればチャンネル登録者数1000人以上で収益化、

1位になればチャンネル登録者数1万人以上で月収10万円、を達成できる

といったイメージです。

ちなみに、チャンネル登録者数が5万人を超えると専業で生きていけるレベルですが、

全体のわずか1%と、ハードルは高いです。

仕事内容

チャンネルを開設して動画を投稿すれば、YouTuberです。

しかし、副業としてしっかり稼ぐのであればそれなりの準備が必要です。

詳しく解説していきます。

YouTuberの始め方

始める前に、YouTubeに使える時間を最低でも500時間くらいは確保しましょう。

(1日3時間×半年で100本投稿するようなイメージ)

初めのうちは数をこなさければ要領を掴めません。

また動画を分析してより良くしていくためにも、100本ほどの動画があることが理想です。

時間を確保できそうであれば、早速チャンネルを開設して動画を投稿します。

チャンネル開設から収益化までの手順

⒈テーマを決める

⒉チャンネルを開設する

⒊企画する

⒋機材を揃えて撮影する

⒌編集&サムネイルとタイトルをつけて公開する

⒍これで100本撮って、収益化の条件をクリアしたら収益化する

⒎あとはデータを分析して試行錯誤を繰り返す

⒈テーマを決める

テーマを選ぶときのポイントは、

自分が情熱を注げること

すでにある程度の知識や経験があること

視聴者のニーズがあること

の3つです。

100本撮りきれそうなくらい、熱量を込められるテーマが良いです。

ニーズが全くないと再生されないので、視聴者がどんなテーマを求めているのか

も調べましょう。

⒉チャンネルを開設する

Gmailアカウントがあれば簡単にできます。

まず、YouTubeにログインします。

次に、プロフィール写真→[チャンネル]をクリックします。

最後に、チャンネル作成を促すメッセージが出てくるのでそれに従います。

といった流れです。

⒊企画する

まず、どんな内容、構成にするかを考えます

そして企画がまとまったら撮影に進みます。

⒋機材を揃えて撮影する

初めのうちは、高価な機材を揃える必要はありません。

スマホ1台でできます

継続していく中で、必要性を感じてから機材を揃えましょう。

⒌編集&サムネイルとタイトルをつけて公開する

編集に時間をかけすぎるとなかなか動画公開までたどり着けないので、

編集なしで投稿できるような動画内容にするのがおすすめです。

サムネイルとタイトルは動画を観てもらえるかどうかに大きく影響しますので、

よく考えてから決定しましょう。

ここまで来て「はじめの1本」を投稿できたらあとはひたすら動画を投稿し、

動画がたまってきたら試行錯誤を繰り返してチャンネルをより良いものにしていきましょう。

必要スキル

特別なスキルがなくても始められますが、

収益を出すためには磨いておいた方が良いスキルもあります。

それは、企画力編集スキルマーケティングスキルです。

企画力

どのようなことが人を喜ばせたり感動させたりするか、という感性が大切です。

具体的な企画の立て方は、

視聴者ニーズの分析

誰にどんな価値を提供するかを決める

⒊情報収集(本や雑誌を読む、取材する、実体験、など)

⒋これらをもとに企画を考え、台本を作る

となります。

編集スキル&マーケティングスキル

動画の編集スキルとは、

速度調整、画像の挿入、カット、音楽や文字を入れる、などのスキルです。

自分で行うか外注するか無編集でそのまま投稿するかの3パターンがあります。

初めのうちは外注するとお金がかかってしまうので、自分でやるか編集せずにそのまま投稿するかのどちらかが良いです。

そして、無編集の場合でも必ず必要なのが、サムネイルとタイトルです。

数ある動画の中から視聴者がその動画を観たくなるかどうかは、

サムネイルとタイトルにかかっています。

どんなサムネイルとタイトルで、どのように自分の動画を訴求するか、

を考えるマーケティングスキルが必要になってきます。

どのようなサムネイルとタイトルが魅力的かということに関しては、

すでに研究し尽くされているのでそれらを学びましょう。

人気YouTuberや、自分がいいなと思うYouTuber、思わずクリックしてしまうような動画のサムネイルとタイトルを参考にすると良いです。

サムネイルに関しては外注してもあまり高額ではないので、外注するのも一つの手です。

良い点

・高評価数やコメント、再生数でダイレクトに結果が返ってくるため、

やりがいを感じやすいです。

・動画を次々と投稿しなければならないぶん積み上がっていくので、

どんどん再生数が伸びていきます

・好きなことを発信できる楽しさがあります。

・人気のYouTuberに対してタイアップを望む企業が増えてきており、

今後もビジネス戦略のひとつとして、動画広告の市場が広がっていくと予想されます。

・動画を観る人口もどんどん増えているので、これからも伸びていく市場です。

・始めるのに初期費用がかからず、特にリスクもありません

注意点

・コツを掴むまでは数をこなさなければならないので、慣れるまでが大変。

・収益化するのにチャンネル登録者数1000人と、ハードルが高い。

・撮影や編集など工程が多く時間や場所の拘束があるので、

とにかく初めは動画を公開するまでが大変。

・労力はかかるもののすぐには稼げないので、長い目で見てコツコツ頑張る必要がある

向いている人

・収益が出るまで、ひたすらコツコツ継続する根気のある人

・「自分の得意分野かつ視聴者にニーズがあるテーマ」を持っている人

・分析するのが好きな人

人を喜ばせたり感動させたりするのが好きな人

・収益が得られなかったとしても配信を楽しめる人

好きなことや得意なことを活かして稼ぎたい人

まとめ

今回は、副業の一つである「YouTuber」とは何かについて解説してきました。

動画投稿まで、そして収益化するまで、まとまった金額の稼ぎを得られるようになるまで、

時間も手間もかかる大変な仕事です。

しかし、そのぶん得られるリターンが大きいという魅力があります。

好きなことや得意なことを活かして人の役に立ちたい、そしてそれを仕事にしたい人には

おすすめできる副業の一つです。

初期費用は無料でリスクもなく、誰でもスマホ1台で始められます

今回説明した内容をぜひ参考にして、副業に挑戦してみましょう。

稼ぐ

Posted by chicchixp