4つの稼ぐことができない原因を克服してあなたも稼げる人になろう

「仕事をしているのに給料があがらない」この記事に興味をもった理由はそうでしょう。お金持ちではない限り仕事は生きるためにやらなければならないと思い込みます。しかし間違ったやり方では死ぬまで働くラットレースの中で走らなければなりません。

この記事を読むことで「私はこの原因があるから稼げないのか」や「この能力を上げれば収入があがる」など納得できます。では参りましょう。

能力やスキルが足りていない

まずはあなたの能力やスキルが不足していることです。能力やスキルが不足していることで案件を獲得しにくくなります。もしあなたがクライアントの立場になったとき、どの人に依頼を任せたいですか。Webライターを例にします。

・Webライター1ヶ月 タスク案件を3つ書いた

・Webライター2年 SEOにも精通しており、月に20本執筆している

あなたはWebライター2年の人に仕事を任せるのではないでしょうか。なぜならWebライター2年の人はSEOの知識をもっており「SEOに詳しいならこの人に任せよう」と思うからです。もちろんSEOのスキルがなくてもライターの仕事を受注することは可能です。

しかし能力やスキルがあれば受注できる確率も大きく上がります。そのためには読書などの自己投資をすることです。自己投資をすれば能力やスキル不足による稼げない原因が解決します。

スキルや能力がないとどうなるのか

 スキルや能力がないとあなたの強みが実績として反映されていません。そのため誰でもできる仕事しか選択肢がないです。例えば単純労働や肉体労働があてはまります。この2つの共通しているところは将来AIに仕事を奪われる仕事であることです。

 そのためAIが単純労働や肉体労働をやる時代になったとき、その会社をリストラされてしまいます。あなたが再就職のために就職活動をしても能力やスキルがないので内定をもらえないシナリオになります。

人脈が不足している

次に人脈が不足しているのが原因です。人脈が不足していると「私はこういう人間だ」といっても伝わりません。そのためどれだけクオリティの高いホームページであっても拡散されないと意味がないです。自分の実力を伝える手段として主に3つあります。

相手にポートフォリオを伝える

ポートフォリオとは仕事の履歴書みたいなものです。その人がどういう実績をもっているのか、過去にどんな案件を受注したのかが相手に伝わります。初心者では実績が少ないため書けるネタが乏しいです。

しかし実績を積んでネタが豊富になったらポートフォリオに書くネタが増えます。ポートフォリオを書くことでクライアントは「この人はこういう実績があるのか」とわかってくれます。

セミナーの参加者と友好関係を伝える

セミナーに参加するメリットは専門家の人が分かりやすくレクチャーしてくれることです。セミナーに参加するということはもちろん参加費が発生します。

しかしお金を使うことに抵抗がある人は、「セミナーに参加するよりも独学で頑張った方がコスパ的にいい」と考えるでしょう。

独学でやると挫折する可能性が高く途中でリタイアする人も多いです。そのため独学で成功する人はすばらしい人です。しかし、独学をするということはその分時間を多く使います。つまり独学の成功率と時間の効率性を考えると成功する人はごくわずかです。

そこでお金を投資してセミナーに参加してみてください。セミナーに参加することによって試行錯誤をする回数が減らせます。試行錯誤の時間が減るということはその分自分の好きなことに投資することが可能です。

ただし情報教材やマルチ商法に関係するセミナーに関わらないでください。そのセミナーに参加してもお金と時間を浪費する可能性が高いです。

SNSで「自分はこういう人間だ」という情報をみんなに伝える

あなたはSNS経由で仕事を受注できる方法を知っていますか?もし知らないのであればあなたはSNSをどんなふうに使っていますか。

「夜、ラーメン食べたよ」や「今日、疲れたのでもう寝ます」などとつぶやいていませんか。そんなことをつぶやいていいのは有名人やインフルエンサーだけです。

おそらくこの動画を見ているのあなたは日本からみて無名に近い人間でしょう。無名の人がインフルエンサーのまねごとをしてもフォロワーを増やせません。なぜなら誰もあなたの生活に興味がないからです。

例えば今話題の俳優が「今日、みんなと一緒に焼肉を食べたよ」とSNSで発信したら「誰と一緒に食べたの?」「どの店で焼き肉を食べたの?」とみんなが興味をもち情報が拡散されます。

無名であるあなたがどうすれば「自分はこういう人間か」を表現するにはTwitterのフォロワーを増やすべきです。理由は

・不特定の人とコミュニケーションをとれる

・リツイートやいいねで情報が拡散されるから

Twitterはいわば名刺です。「自分はこういう人間だ」とわかってくれると相手はあなたをフォローしたくなりますし、あなたのツイートが拡散されます。そうなるとクライアントは「この人なら仕事を受注しても大丈夫だ」とDMから仕事の依頼がくるようになります。

単価が低い

 そして単価が低いことです。つまりたくさん労働したのに収入が多くありません。先ほどと同じくライティングの記事案件でもこういう事例があります。

・文字単価1円で3000字の案件

・文字単価0.1円で3000字の案件

あなたならどの案件を受けますか。もちろん文字単価1円の案件を受けるでしょう。なぜなら文字単価0.1円の案件は安いからです。

でも実績が少ないため文字単価0.1円のものをやって実績を積む考えの人も少なくはありません。「安くてもいいから仕事がしたい」という初心者にありがちな考えになってしまいます。

もちろんクライアントは1人でも応募がきたらその人を採用させます。その初心者がやりがい搾取されているとは知らないでしょう。

ブラック企業から逃げましょう

ブラック企業ではずっと人手不足であるので1人の応募でもその人を採用します。しかし入社してからすぐに仕事に割り振られて莫大な労働なのに安い賃金で働かされるでしょう。

そのため転職をおすすめします。転職するメリットは以下の通りです。

・15~44歳のうち40%の人は年収がアップしている

・その40%のうち3人に1人が年収500万円以上なら50万円の年収が増える

(参照 厚生労働省「転職実態調査の概況」)

もちろん年収が下がるのであれば転職しなくてもいいですし、何より「自分を高く買ってくれる会社」を選んでいきましょう。そこで実績を積み上げて自分の幸せを確保するべきです。

スケジュール管理ができない

スケジュール管理ができないとどうなるのか

最後はスケジュール管理ができないことです。これができないと本業と副業の掛け持ちが難しくなります。優先順位を立てることが難しいとなると納期に遅れてしまったりミスをしたりするでしょう。

納期が遅れるだけでもその人の信用を失ってしまいます。できるだけ作業を早く終わらせて納期に間に合わせましょう。納期が遅れそうでだめならあらかじめ遅れることを言った方がいいです。

スケジュール管理をできる方法

納期はだれが決めていますか。もしあなたが決めていないと作業がはかどりません。なぜなら「納期ギリギリまでやらなくてもいい」と考えてしまうからです。そのため。納期は自分で決めましょう。

例えば今日が21日だとして27日までの納期のものがあります。そこであなたは27日までに仕事を終わらせること前提で計画を立てます。しかしそれでは「納期ギリギリまでやらなくてもいい」と思いこんでしまいます。

そこで納期を自分から宣言するのはどうでしょうか。例えば、「この仕事の納期を25日にしてくれませんか」と上司やクライアントに言います。そうした以上、自分が宣言した納期までに終わらせないといけないので必死になります。

ただし、本来5日かかる仕事を「納期を明日にしてください!」と宣言しても難しいです。なぜなら普段の5倍のスピードでやらなければならないからです。納期を短くする方法は「この期間は少しきつい」と感じるぐらいがベストになります。

まとめ

・能力やスキルがないといい仕事を受けることができない

・人脈がないと自分のことをわかってもらえない

・単価が低い仕事をやり続けてもやりがい搾取されるだけ

・スケジュール管理ができないと信用を失う

ここまで読んでいただきありがとうございます。このやり方を行うだけでも稼げないエリアから脱出して稼げる人間になって人生を謳歌していきましょう。

稼ぐ

Posted by chicchixp